サラリーマンの引っ越し、単身赴任の場合

家庭を持つサラリーマンが突然転勤を言い渡された場合、やはり単身赴任という選択をするケースが多いでしょう。妻が仕事をしている、また子供が居て学校に通っている場合などは、しばらくは家族と離れて暮らすことになりそうです。特に住宅を既に購入しているという人などは、家を置いて家族で引っ越すというケースは少なく、やはり二重生活を強いられることになります。そのような場合、やはり引っ越しは出来るだけ安く抑えたいものです。今はたくさんの業者から単身パックなるものが出ています。

サラリーマンの引っ越しで単身赴任の場合であれば、比較的近距離の場合は3,4万円程度、また100キロを越す遠距離となれば単身とは言え、10万円を超えるという場合もありそうです。単身赴任という事は、数年単位で家を変わる可能性があります。また本来の自宅には家電製品はもちろん揃っています。そのような理由から、家電付きのマンスリーマンションなどを契約すれば、1から揃える必要はありません。また単身引っ越しの場合、業者に頼まず自分たちで行うという方もまた少なくはないようです。ベットやソファーなどの大きな家具は難しいですが、衣装ケースや小さな机などなら自家用車で運ぶことは可能です。何かと物入りの引っ越し、最低限の費用に抑えたいものですね。